FC2ブログ
結婚6年目に突入しました   10年目になった時、このブログをパパにプレゼントしたいなって思っています  ありのままの心でありのままを残していきたいと思います
1年目のキスは空腹の味
2005年07月30日 (土) | 編集 |
病院から退院して三ヶ月が過ぎた頃に、また転勤の話が出た
でも以前と話が違う
腰を悪くしてしまったから事務的な仕事がいいだろうと
営業本部に配属になった

転勤はもうないだろうし地元の隣の県
地元まで車で30分ちょっとで行ける距離♪
私は地元の近くに帰ってこれて
すぐに自分が住み慣れた町に行けるのはうれしかった♪

引越し前から問題発生

子供の学校の事もあったからパパだけを先に
引越し先に送って帰るつもりで炊飯器もつけっぱなしで行った
パパは免許がなかったので私が送るしかなかったの
仕事場も会社が用意していた家族用の寮(普通の家だけど)だったから
歩いていけるとパパが行ってて、それを信じてたけれど・・・
歩いていける距離じゃなかった
私と子供は帰れなくなって
着替えもないし布団もない・・・何もない所で・・・
次の日学校に事情を話して
パパの休みの日に転校の手続きをする事にした

ちょうどお給料前でお金がなくて食べる物もなくて・・・
家に帰ったらご飯もあるのに(ノω・、) ウゥ・・・
ラーメンと暖めるゴハンを買って畳の上で食べた
子供に、いっぱいあげてしまって私は空腹の毎日
(ノω・、) ウゥ・・・

でもお金が足りない・・・
妹の所にお金を貸して欲しいって頼みに行ったけど
今までお金がないのは知っていたからか貸してはくれなかった
なんか兄弟でもお金の事になると、やっぱり他人だんだよね
そんな考えしててくれると姉としては安心だしうれしいけど
ちょっと悲しくて寂しかった

冬だけどお布団もなくてパパのお布団
下布団をかぶって畳の上に4人で寝た
さすがに寒かったけど4人で「寒かったね」って言い合って
今日のゴハンはどうしようって考えて
でも、こんな生活の中でも子供も私も
こんなの嫌だ帰りたいって言わなかったし思わなかった
家族が一緒にいるって事が自然だったからかな?
仕方ないってのもあったかもしれない

給料が出て家に帰った
学校の手続きをして少しだけ荷物を持ってまたトンボ帰りした

引越しが完全に出来たのは1週間ぐらいしてから
冷蔵庫もクーラーも今度はある
全部揃った家で、また新しい生活が始まった



スポンサーサイト



1年目のキスは夫婦の味
2005年07月29日 (金) | 編集 |
単身赴任から一緒に暮らし始めて1ヶ月した頃
パパが前から悪かったヘルニアが悪化して入院する事になった

レントゲンを撮ってもらったら真っ黒で
これじゃ仕事は出来ないだろうって入院


お金がないのに、やっていけるかなぁ・・・
来月のお給料はいくらなんだろう・・・

パパは手術を勧められたけど、お金がないのと
失敗になって腰が立たなくなったらって考えたら
手術は出来なかったって
リハビリするのを選択した

毎日子供が学校から帰ってくると
病院に直行してた

最初の頃、腰に何かつけて下に重りみたいなのを垂らしてた
他にもリハビリセンターで色々やってたみたい


看護婦さんにも腰を揉んでもらうみたいだけど
ママのモミモミが1番♪って(つω`*)テヘ
薬を腰に塗ったり揉んだり・・・
やっぱり看護婦さんはパパだけの看護婦さんじゃないから
しっかりやってはくれないよねw
でも、その時も私を必要としてくれているのが、うれしかった


だんだん腰の調子も良くなって1ヶ月ぐらいで退院の時が来た

毎日毎日病院に通って、昼も一緒
夜もメールしたりして♪
お給料はその月少なかったけど
私にとっては夫婦だなぁっと実感出来た入院でした