FC2ブログ
結婚6年目に突入しました   10年目になった時、このブログをパパにプレゼントしたいなって思っています  ありのままの心でありのままを残していきたいと思います
0年目のキスは不安の味
2005年07月28日 (木) | 編集 |
問題と言うか心配な事があった

子供の事

2人の子供と一緒に結婚したいって言ってくれたけど
やっぱり自分の子じゃないから可愛くないだろうし
負担になってるんじゃ・・・
今はまだ日にちが浅いから可愛がってくれてるんじゃないか・・・
もし籍を入れた後に子供を可愛がってくれなくなったり
虐待まではいかないにしても嫌がられたり・・・
そんな事を考えてパパに思いを言ってみた

パパは自分の過去を話してくれた
自分も親が離婚して色々あって、おじいちゃん、おばあちゃんに
育てられた事、その、おじいちゃんも血は繋がっていない事
そして、血が繋がったおばあちゃんが死んだ後でも
きちんと育ててもらった事
そんな自分の過去があるから
人の子、自分の子って区別するのがわからないって

私は両親が離婚して母親に捨てられ
仕方なく父親に引き取られた
その時はもう2番目のお母さんがいた
私たち(3人兄弟だった)は、邪魔な存在だった
いろんな意地悪をされて親の顔色を見て育ってきた

私とパパの過去は似てるようで違った

だから私は理解が出来なかった

不安はあったけれど
籍を入れれるようになるまでの半年間
変わらず子供を可愛がってくれて、叱ってくれて

結婚しない理由はなかったし好きだったから籍を入れた

今でも変わらず子供を可愛がってくれるパパがいる

私たち2人の子供はいない
私は欲しいけれどパパは3人育てるのは大変。
お金もいるし・・子供が3人になって貧乏するぐらいなら
この4人で楽しく暮らしたい
そう言ってくれる。その言葉はうれしい。
うれしいけれど・・・

私としては複雑な気分

もし子供が生まれたら・・・
自分の子供が可愛くて今の子供と差別するようにならないか・・

でも自分の子供を生んでもらわないまま死んでしまうパパは
可愛そうな気がする・・・

私もパパの子供を生んであげたい。生んでみたい

いろんな事を考えてしまう
本当は欲しいんだけど、でも・・・

今現在、子供は作らないって事で決まっている
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック